クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|今後ユング君のサイトで充実を望むジャンルは?

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



今後ユング君のサイトで充実を望むジャンルは?

  • 交響曲
118
  • 協奏曲
50
  • 器楽曲
43
  • 室内楽曲
42
  • オペラ
35
  • 宗教音楽
32
  • 管弦楽曲
27
  • 声楽曲
13
  • その他
5

投票総数: 365


以前に、「あなたがお好きなジャンルは?」というよく似たアンケートを実施したことがあります。
その時の結果は、
1.交響曲(232) 
2.ピアノ曲(161)
3.協奏曲(150)
4.室内楽曲(71)
5.オペラ(49)
6.管弦楽曲(42)
というような感じでした。
詳しくはこちら。
そして、次のようにコメントをしました。

「アンケートでは常に1位をキープして「交響曲」がトップでゴールインしました。そして、「協奏曲」と「ピアノ曲」がは鼻差で肩を並べました。「ユング君のサイトはオーケストラ曲に偏重しすぎている」と言う声をずいぶんいただきましたが、やっぱりみんな渋い作品よりは派手なものの方がお好きなんです。」

今回もやはりこのコメントを繰り返さざるを得ない結果となったようです。
交響曲こそがクラシック音楽の王道ということなのでしょう。
ユング君のサイトを客観的に眺めてみれば、交響曲に著しく偏重していることは明らかです。それでも、なお、みんなはさらなる交響曲の追加を望んでいるということです。
さらに最終盤にきて協奏曲が一気に票を集めて第2位に食い込みました。メールや掲示板などでご意見をいただくのは圧倒的に室内楽やオペラなどに対する要望なので、これは意外でした。
やはり渋くて地味なジャンルよりは派手な音楽の方に人気が集まるということなのでしょう。

いただいたコメントから・・・
「カペーとかカルヴェカルテットが聴けるようになると素晴らしいですね。」
「ドビュッシーのピアノ曲が大好きです。ユング君のコレクションでお薦めのものがあれば、ぜひ聴いてみたいです。」
「何も考えずに交響曲に入れようとしました。
でもよく見たら質問の内容は「充実を望むジャンル」ってあるので、室内楽曲選択です。
四重奏の曲などもっと充実してほしいです。」
「宗教音楽の項目に投票させていただきました。まぁ、要するに自分が好きだからなのですが…。」
「あらゆるジャンルのオペラの全曲が聞きたいですね。」

でも、投票結果は交響曲がダントツの一番なんですね。
この辺がネット社会の不思議なところで、多数派はいつも寡黙です。

【リスニングルームの更新履歴】

[2018-04-26]

ハイドン:ピアノ三重奏曲 ト短調 Hob.XV:19
(P)エミール・ギレリス (Vn)レオニード・コーガン (Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ 1950年録音

[2018-04-26]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第18番 変ホ長調 Op.31-3
(P)クラウディオ・アラウ 1965年5月録音

[2018-04-25]

ハイドン:交響曲第84番 変ホ長調, Hob.I:84
レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団 1966年5月20日録音

[2018-04-24]

ドヴォルザーク:交響曲第3番 変ホ長調 作品10(B.34)
イシュトヴァン・ケルテス指揮 ロンドン交響楽団 1966年10月11日~12日録音

[2018-04-23]

ラロ:スペイン交響曲 ニ短調 作品21
(Vn)ルッジェーロ・リッチ:エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 1959年3月録音

[2018-04-22]

チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北ドイツ放送交響楽団 1954年1月14日録音

[2018-04-22]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第5番 ハ短調 Op.10-1
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年11月11日録音

[2018-04-21]

ハイドン:交響曲第5番 イ長調, Hob.I:5
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2018-04-21]

バルトーク:弦楽四重奏曲第6番 Sz.114
ジュリアード弦楽四重奏団 1963年5月10日&14日録音

[2018-04-20]

チャイコフスキー:序曲「1812年」変ホ長調 作品49(合唱付き)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ドン・コサック合唱団 966年10月13日&12月29日録音