クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|誰の指揮でききたいですか?(ブルックナー:交響曲第7番)

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



ブルックナー:交響曲第7番

  • カラヤン
57
  • 朝比奈
54
  • フルトヴェングラー
32
  • チェリビダッケ
30
  • その他
27
  • マタチッチ
27
  • シューリヒト
24
  • ヴァント
24
  • ブロムシュテット
21
  • ヨッフム
21
  • ジュリーニ
15
  • ベーム
15
  • クレンペラー
13
  • スクロヴァチェフスキー
12
  • ザンデルリンク
9

投票総数: 381


ブルックナーの交響曲というのは一般的には人気がありません。ブルックナーを愛する人には信じがたいことかもしれませんが、クラシック音楽ファンの中でもブルックナーは聞いたことがないという人はけっこう多いのです。
ですから、ブル7がベト7に負けるのはやむ得ないとしても、ブル8がドヴォ8に負けるなどという「あり得ないこと」がおこってしまうのです。

しかし、好きな人はとっても好きです。ブルックナーには非常にコアなファンが多いです。ですから、今回の投票はそう言うコアなファンの声がマジョリティの牙城にどれほど届くかが注目でした。

実際、今回はコメント欄に熱い支持の声が寄せられました。まさに、コアなファンが己の愛するものを声なきマジョリティに届けたいという熱い思いが伝わってきました。
しかし結果は、カラヤンと朝比奈がトップ争いをして最終的にはカラヤンが勝ってしまったので、基本的には声なきマジョリティがコアなブルックナーファンを押し切ってしまったと言う結果です。
しかし、そうやって届けられた声は実に読み応えがありました。次回もブル8ですので、より一層の熱い声を期待しています。

「好きな曲なので、多くのCDを聞いてきました。
でも、一枚選ぶなら、マタチッチ&チェコフィルです。カラヤン盤のようには美しくない。シューリヒト盤のような天空を翔けるような崇高さともちょっと違う。ブロムシュテットの最新盤のような信仰心の顕在化でもない。でも、マタチッチ盤の、言葉では表すことのできない雄大で深い音楽は、私に対して、この曲に対する価値観を刻印してしまうほど魂を震わせてくれました。
外面的な音色の美しさを追求し尽くすことによって生まれるカラヤンの音楽からは絶対に感じ取れないものです。(とはいうものの、彼の生涯最後のライヴの海賊盤は「これはこれでいいかな」と思って時々聞きますが)
もう一枚選ぶとすれば、朝比奈、シューリヒトといきたいところですが、現役の指揮者では最も素晴らしいブルックナーを振れるということでブロムシュテットに一票。」

「これは相当迷いました。一番問題なのは終楽章出来が非常に悪く、ただストレートに演奏しただけでは、全曲通して聴くとどうしても4楽章でずっこけてしまうのです。そういう意味では異端でしょうがラトル/バーミンガムの録音が意外にうまくやっています。他の楽章もなかなかの健闘…といっても近年ベルリンフィルとのブルックナーは(CDではなくラジオ放送などで聴く限り)あまりうまくいってると思えないのですが…

でも最終的に投票したのはチェリビダッケ/ミュンヘンフィルです。演奏自体についてはクオリティの高さが半端なく、好き嫌いはあるにしても非常に高く評価できる演奏だと思います。この静謐な美しさを是非コンサートホールで聴いてみたかったものです…(^^;

チェリビダッケという指揮者は他の音楽家とは全く違う目線で音楽を評価していたようですね。本で読んだのですが、ベートーヴェンの交響曲第5番を駄作扱いしたり、ヴァントなど他のブルックナー指揮者やブルックナーオタクがブルックナーの最高峰として5と9をあげたりするのに対し、彼は8番をブルックナー自身の最高傑作ではなく、交響作法の理想型…みたいな表現をしていたと記憶しています。拒絶していまいたくなるような録音(特にやはりテンポにおいて (^^;))があったりしますが、安易に批判しないように(そもそも音楽に求めているものが彼自身と他の音楽家達とでは違うのだとしたらやはりお門違いだと思うので)したいと思っております。」

この2つのコメントこそはまさにブルックナーを愛するものの熱き声・・・です。

「今から45年ほど前のこと。まだFMが試験放送に入る前のことですが、NHKの第一放送と第二放送でステレオ放送をやっていたとがあります。ラジオが二台必要なのですが、たまたまた家にあったステレオにAMが内蔵されていて左右で独立して聞くことが出来ました。そのとき聞いたのがフルトヴェングラーの7番でした。モノラルから最新の技術で擬似ステレオ化した放送だと説明しておりました。演奏はとても感銘を受け未だに忘れられない思い出になっております。このレコードは二枚組なので高いためやっとの思いで購入し
て何度も聴きました。そんな思いがあってブルックナーの7番はフルトヴェングラーしかありません。」
うーん、歴史を感じます。クラシック音楽を聞き始めて未だ30年のユング君などはまだまだヒヨコです。

「私はブロムシュテットに一票入れさせていただきました。

人によって好みは様々ですね。
私の場合、シューリヒト、朝比奈、ヴァントなどは好きですが、カラヤン、(なぜか)マタチッチなどはピンときませんでした。
(それにしてもシューリヒトは神がかってますよね)
それと昔からアバドもよく聴いています。表面的とか軟弱とか批判されそうですが、この曲の外形的な美しさを際立たせており、私に似た趣味の方にはお勧めです。」

「朝比奈と大阪フィルがリンツで演奏した時のライブ録音が好きです。楽章間にかすかに聞こえてくる鐘の音が「一期一会」の演奏をさらに印象的にしていると思います。」

「この曲の第一楽章をこれほど味も素っ気もなく演奏できるのはクレンペラ-ならではでしょう。それゆえ世評は良くないのですが、この演奏の素っ気無さには窓を開け放した初夏の風が吹く部屋で驚きと共に納得させられてしまったことがあるので、朝比奈はんの聖フロリアンでの一期一会ともいうべき演奏にも非常に後ろ髪を引かれながらも今回はクレンペラーに一票を投じました。」

「最近のCDで一番良かったのは、飯守泰次郎 東京シティフィルです。なんといってもフィナーレの圧倒的な盛り上がり方が最高。」

最後に、「声なきマジョリティ」から届けられた声。
「89年のカラヤンの録音が好きなので今回はカラヤンに一票。
今までカラヤンはどの曲も上位にいたので、多重投票が多いかと思っていましたが、少数だったのですね。びっくりしました。」

このカラヤンに対する支持の意味するものを沈思黙考するユング君です。

【リスニングルームの更新履歴】



[2019-04-24]

シューベルト:ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D 960
(P)アニー・フィッシャー 1960年5月30日&6月1日~2日録音

[2019-04-23]

ブラームス:ラプソディ「冬のハルツの旅」(アルト・ラプソディ)作品53
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 (A)アーフェ・ヘイニス ウィーン交響楽団 ウィーン楽友協会合唱団 1962年2月録音

[2019-04-22]

モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調 K.543
エーリッヒ・クライバー指揮 ケルン放送交響楽団 1956年1月録音

[2019-04-21]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音

[2019-04-20]

バッハ:第4番変ホ長調 BWV1010
(Cell)ガスパール・カサド 1957年録音

[2019-04-19]

ハイドン:交響曲第12番 ホ長調 Hob.I:12
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2019-04-18]

ブラームス:「大学祝典」序曲 Op. 80
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 ウィーン交響楽団 1961年1月録音

[2019-04-17]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K595
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音

[2019-04-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音

[2019-04-15]

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音