クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~

チャイコフスキー:幻想序曲「ハムレット」, Op.67a

ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1956年1月録音





Tchaikovsky:Hamlet-Fantasy Overture, Op.67a


尊敬するグリーグに対して献呈された自信作

この作品はチャイコフスキーが1877年に交響曲4番を作曲した後に訪れた中期のスランプを漸くに抜け出した頃に作曲された作品です。
交響曲第5番とほぼ同じ頃(1888年6月)に作曲にとりかかったのですが、完成はそれよりも一歩遅れたものとなってしまいました。おそらくは、創作のための主たる労力が交響曲の方に注がれたためだと思われるのですが、チャイコフスキー自身はこの幻想序曲の出来には大きな自信を持っていたようです。

1887年というのは、チャイコフスキーにとっては大きな転機となった年でした。それは、その年の末に、ライプティッヒでブラームスと出会ったことでした。
伝えられるところでは、お互いの作品に対してはそれほど高く評価はしなかったようなのですが(^^;、人間的に非常に親しくなったようなのです。そして、それが一つのきっかけとなって、チャイコフスキーはヨーロッパ各地で活躍している有名な作曲家たちとのつながりを深めていくのですが、そうして外に向かって心を開いていったことも、そのスランプを抜け出す決め手となったのかもしれません。

チャイコフスキーはサン=サーンスとはそれ以前からも親しかったようなのですが、それ以外にもドヴォルザークやグノー、マスネー、ドリーブなどとも知り合いとなっていくのです。
そんな中でも、チャイコフスキーに深い影響を与えたのがグリーグでした。
彼は日記の中でもグリーグの作品に対する尊敬の念を何度も記しています。そして、そのように尊敬するグリーグに対して献呈されたのがこの幻想序曲「ハムレット」だったのです。
それは、この作品に対して並々ならない自信を持っていたことのあらわれだと言えるのです。

シェークスピアの戯曲を題材とした作品としては、「ロミオとジュリエット(1869年)」「テンペスト(1873年)」に次ぐ、3番目の作品と言うことになります。
ただし、過去の2作品がシェークスピアの作品を標題音楽的にあつかったのに対して、この「ハムレット」ではその戯曲の底に流れる人間の感情や心理のようなものを描き出そうとしています。
確かに、そこにはそれぞれの登場人物を思わせるテーマは登場します。ハムレットやオフィーリアを思わせるテーマは登場するのですが、そのテーマを使ってドラマを音で再構成するというようなやり方はここでは採用していません。
ですから、初期の「ロミオとジュリエット」のように、音楽によって一編の戯曲を堪能出来るような仕組みにはなっていないのです。

ハムレットと言えば「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」という台詞が有名です。
しかし、それに続けてハムレットが次のように独白することはそれほど有名ではありません。

どちらが男らしい生き方か、
じっと身を伏せ、不法な運命の矢弾を堪え忍ぶのと、
それとも剣をとって、押し寄せる苦難に立ち向い、
とどめを刺すまであとには引かぬのと、
一体どちらが。


おそらく、チャイコフスキーがここで描きたかったのは、意を決して戦うのか、それともただ運命にながされて生き延びるだけなのか、そう言う選択を突きつけられた男の生き様だったのかもしれません。そして、それはある意味では、長いスランプに苦しんだ時代の自己表白のような面もあったのかもしれません。

「懐古」ではなく「尚古」、尊ぶべき「古さ」とは何なのかを考えてみるべきかもしれない


マタチッチは50年代を中心にEMIなどでそれなりの録音は行っています。
しかしながら、それらの録音はほとんど顧みられることはなく、アナログからデジタルへの移行期においてもCD化されることはなかったようです。
そして、それらの録音が少しずつ陽の目を見るようになったのは、それらがパブリック・ドメインになったおかげでした。
常々言っていることですが、著作権を保護することは重要なのですが、その保護期間をいたずらに延長することは音楽文化にとって必ずしもプラスにならないときもあると言うことです。今回の「TPP11」発効に伴う保護期間の延長もその様な弊害をもたらすことにならないように願うばかりです。

さて、今回マタチッチの50年代の録音を聴いてみて、「なるほどね」と思うことが幾つかありました。
その第一は、日本では「偉大なブルックナー指揮者」と思われているのに、50年代のマタチッチが引き受けていた役割は「ロシア音楽」の指揮者だったと言うことです。
これはどう考えても扱いが低いです。
どのレーベルにしてもカタログの本線はベートーベンなどの独襖系の音楽であって、それ故に、そう言う作品にこそ人気と実力のある指揮者を投入します。EMIであれば、それはカラヤンであり、クレンペラーだったわけです。
それにたいして、チャイコフスキーやリムスキー=コルサオフ、グラズノフやバラキレフなどの作品をあてがわれるマタチッチという指揮者の比重はそれほど大きくはないのです。

そして、そう言うライン上でも次第にお呼びがかからなくなった背景には彼の曖昧な指揮があったのではないかというのが第二の「なるほどね」なのです。
50年代後半のフィルハーモニア管と言えば、この時代のオーケストラとしては疑いもなくトップクラスの機能を誇っていました。にもかかわらず、ここから聞こえる「ロシア音楽」は陰影豊かで濃厚な味わいを持ってはいるものの、全体的な雰囲気は何処かモッサリとした印象が拭いきれないのです。
逆に言えば、フィルハーモニア管ほどの高い機能を持ったオーケストラからこれほど田舎びた風情を引き出すというのは凄いのです。そして、そうなってしまう背景にはマタチッチの指揮の曖昧さがあるように思われるのです。
しかし時代はそう言う音楽を求めてはいませんでした。フィルハーモニア管にしてもEMIにしても、それは満足のいくものではなかったはずです。

やがて、時代はマタチッチを置き去りにしていき、何処のオーケストラからもお呼びがかからなくなっていきます。
真偽のほどはさだかではありませんが、全く指揮をする場が与えられないために、「ただでもいいから振らせてくれ」と頭を下げて頼みまわっていたという話も伝えられています。そして、これもまた真偽のほどは定かではありませんが、N響の事務局はそんなマタチッチの「ただでもいいから振らせてくれ」という願い(?)にこたえて、伝説となった84年の来日時には犯罪的とも言えるほどの低いギャラで招いたという噂も流布しています。

しかし、中島みゆきではないですが時代はめぐります。

私たちは、絢爛豪華な響きをこの上もない精緻さで描き出した演奏と録音をすでに数多く持つようになりました。そして、そう言う精緻な演奏を聞き続けている時に、ふとこのような田舎びた音楽に出会うと、そこに不思議なほどの好ましさを覚えてしまうのです。
おそらく、こういう田舎びた音楽ばかりを聞いていたときに、ショルティやマゼールのような棒で精緻きわまる音楽を聞かされたときには「好ましさ」どころではない大きな「驚きと喜び」を感じたはずです。

時代の大きな流れのなかで、その流れとは異質なものと出会うことは、それを受容するにしろ拒否するにしろ、人の心を大きく動かします。
ただし、その異質なものはその両者においてはベクトルが真逆です。
ショルティやマゼールのベクトルが「前向き」であるのに対して、マタチッチのベクトルは明らかに「後ろ向き」です。そして、「後ろ向きのベクトル」は「後ろ向き」であるがゆえに何か新しい潮流を生み出すことはありません。
ですから、それは年寄りの「懐古趣味」で終わるだけなのかも知れません。

しかし、この世の中には「懐古」という言葉以外に「尚古」という言葉もあります。「懐古」と「尚古」は似ていながら全く違う概念です。
今という時代にあって、こういう演奏を懐かしむだけでなく、尊ぶべきものが何なのかを考えてみることは意味なきことではないのかも知れません。

[追記]
ふと気づいたのですが、これは疑いもなく「ステレオ録音」なのですが、クレジットを見れば1956年となっています。これがDeccaやRCAならば何の不思議もないのですが、EMIの場合は下手をすると1958年の録音でもモノラルというものもありますから、これにはいささか驚かされました。
ただし、当時のEMIのモノラル偏重を考えれば、これはもしかしたら「実験台」にされたのかもしれません。いささか悲しい想像ではあるのですが、それを否定しきれないところが悲しいです。

よせられたコメント

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-08-12]

ベートーベン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 作品81a 「告別」
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年9月15日~18日録音

[2019-07-29]

ベートーベン:交響曲第5番ハ短調 作品67「運命」
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ウィーン交響楽団 1958年2月23日~26日録音

[2019-07-28]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第25番 ト長調 Op.79
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年9月15日~18日録音

[2019-07-26]

バッハ:管弦楽組曲第4番 ニ長調 BWV1069
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1962年録音

[2019-07-24]

ベートーベン:交響曲第8番 ヘ長調 作品93
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1959年4月23日~24日録音

[2019-07-23]

ベートーベン:ヴァイオリンソナタ 第6番 イ長調 Op.30-1
(Vn)ジノ・フランチェスカッティ (P)ロベール・カサドシュ 1961年10月2日~7日録音

[2019-07-21]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第24番「テレーゼ」 嬰ヘ長調 Op.78
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1965年1月11日~12日録音

[2019-07-20]

ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲第17番 ハ長調 RV.472
(Bassoon)シャーマン・ウォルト ジンプラー・シンフォニエッタ 1958年10月29日~30日録音

[2019-07-18]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ウィーン交響楽団 1953年2月22日~24日録音

[2019-07-17]

バッハ:管弦楽組曲第1番 ハ長調 BWV1066
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1962年録音

?>