クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64

(Vn)イヴリー・ギトリス:ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン交響楽団 1954年録音





Mendelssohn:Violin Concerto in E minor Op.64 [1.Allegro molto appassionato]

Mendelssohn:Violin Concerto in E minor Op.64 [2.Andante]

Mendelssohn:Violin Concerto in E minor Op.64 [3.Allegretto non troppo - Allegro molto vivace]


ロマン派協奏曲の代表選手

メンデルスゾーンが常任指揮者として活躍していたゲバントハウス管弦楽団のコンサートマスターであったフェルディナント・ダヴィットのために作曲された作品です。
ダヴィッドはメンデルスゾーンの親しい友人でもあったので、演奏者としての立場から積極的に助言を行い、何と6年という歳月をかけて完成させた作品です。

この二人の共同作業が、今までに例を見ないような、まさにロマン派協奏曲の代表選手とも呼ぶべき名作を生み出す原動力となりました。
この作品は、聞けばすぐに分かるように独奏ヴァイオリンがもてる限りの技巧を披露するにはピッタリの作品となっています。

かつてサラサーテがブラームスのコンチェルトの素晴らしさを認めながらも「アダージョでオーボエが全曲で唯一の旋律を聴衆に聴かしているときにヴァイオリンを手にしてぼんやりと立っているほど、私が無趣味だと思うかね?」と語ったのとは対照的です。

通常であれば、オケによる露払いの後に登場する独奏楽器が、ここでは冒頭から登場します。
おまけにその登場の仕方が、クラシック音楽ファンでなくとも知っているというあの有名なメロディをひっさげて登場し、その後もほとんど休みなしと言うぐらいに出ずっぱりで独奏ヴァイオリンの魅力をふりまき続けるのですから、ソリストとしては十分に満足できる作品となっています。
しかし、これだけでは、当時たくさん作られた凡百のヴィルツォーゾ協奏曲と変わるところがありません。
この作品の素晴らしいのは、その様な技巧を十分に誇示しながら、決して内容が空疎な音楽になっていないことです。これぞロマン派と喝采をおくりたくなるような「匂い立つような香り」はその様なヴィルツォーゾ協奏曲からはついぞ聞くことのできないものでした。

また、全体の構成も、技巧の限りを尽くす第1楽章、叙情的で甘いメロディが支配する第2楽章、そしてファンファーレによって目覚めたように活発な音楽が展開される第3楽章というように非常に分かりやすくできています。

確かに、ベートーベンやブラームスの作品と比べればいささか見劣りはするかもしれませんが、内容と技巧のバランスを勘案すればもっと高く評価されていい作品だと思います。

この新しさ今の時代に実感することは難しい


こういう演奏を前にすると、どのように評すべきなのか困ってしまいます。何故ならば、現在の耳からすればこれは極めて真っ当な演奏だからです。
ギトリスと言えばたびたび来日し、東日本大震災の時も多くの演奏家が来日をキャンセルする中で、自身が来日し演奏することで日本でコンサートを行っても支障がないことを分かってもらおうと考え、急遽チャリティ・コンサートを行うほどの親日家でした。ですから、日本では極めてなじみ深く、そして尊敬を集めているヴァイオリニストです。

実際、今も世界最高齢のヴァイオリニストとして活躍してるギトリスは、その燃焼度の高い演奏で世界的にも高い評価を受け続けた存在でした。
しかし、このスワロフスキーと共演したメンデルスゾーンの協奏曲は極めて真っ当な演奏です。そこには、ある意味で灰汁の強い、そして感情の起伏の激しい後のギトリスとは随分と雰囲気が異なります。つまりは、演奏の主導権は指揮者であるスワロフスキーの方にあったと言うことなのでしょう。

この録音は、スワロフスキーが1948年まで首席指揮者をつとめていたウィーン交響楽団との共演であり、年齢的にもスワロフスキーが50代の半ば、ギトリスは未だ30の坂を越えたばかりですからそれは仕方のないことだったのでしょう。
ただし、この演奏を現在の耳ではなくて、録音が為された1950年代の前半においてみると話は全く異なってきます。

例えば、同時代のメンデルスゾーンの協奏曲の録音を思い出してみましょう。
それはメニューヒン&フルトヴェングラーであり、ヨハンナ・マルティ&サヴァリッシュだったりするのです。さらに、イダ・ヘンデルやフランチェスカッティなどの録音を思い起こせば、これは革新的なまでに新しいスタイルだったのです。いわゆる、「新即物主義」という主張が新しい音楽の演奏スタイルとして本当に大きな意味を持っていた時代における、一つの見本のよう演奏になっているのです。

しかし、その新しさに対する「驚き」のようなものは、今の時代となっては実感することは不可能ですし、よほどの努力を積み重ねないと想像することも難しいというのが正直なところです。
ただし、人間にいつも必要なものは「想像力」です。

話はいささか横道にそれますが、とりわけ他者に対する想像力の欠如は人間として最も大きな欠点です。そう言う欠点に気づかず、自分の価値観だけを絶対視し、それに合わないものを排除する姿勢は今のような時代には最も注意しないといけないでしょう。
少し古い話になりますが、そう言えば、ALS患者への嘱託殺人の事件があったときに「ALSは業病だ」などと平気で発言した元小説家の政治家などもいました。
彼の他者に対する想像力の決定的な欠如は、それまでの様々な発言の中にも溢れていたのですが、それらは他山の石ととして己自身へのいましめともしなければいけないでしょう。

よせられたコメント

2020-09-19:yk


【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-10-19]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調 BWV1049
シモン・ゴールドベルク指揮&ヴァイオリン:オランダ室内管弦楽団 (flute)ヒューベルト・バルワーザー (チェンバロ)ヤニー・ファン・ウェリング 1958年5月4日~11日録音

[2020-10-18]

バッハ:教会カンタータ 「わが神の御心のままに、常に成らせたまえ」 BWV111
ギュンター・ラミン指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 トーマス教会少年合唱団 (Recorders)Thekla Waldbauer, Johannes Wagner (Violas da gamba)Walter Schulz Karl Riedel (Harpsichord)Gernot Schwickert (S)Boys from Thomanerchor Leipzig (A)Boys from Thomanerchor Leipzig (T)Hans-Joachim Rotzsch (Bass)Johannes Oettel 1953年10月日録音

[2020-10-17]

マーラー:交響曲第9番 ニ長調
レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨークフィル 1965年12月16日録音

[2020-10-16]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第8番 ホ短調「ラズモフスキー2番」Op.59-2
パスカル弦楽四重奏団:1952年録音

[2020-10-15]

モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
(Cl)ベニー・グッドマン:シャルル・ミュンシュ指揮 ボストン交響楽1956年7月9日録音

[2020-10-14]

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
(P)ヴィトルト・マウツジンスキ:ニコライ・マルコ指揮 フランス国立放送管弦楽団 1959年7月6日~7日録音

[2020-10-13]

モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581
(Cl)ベニー・グッドマン:ボストン・シンフォニー四重奏団 1956年7月12日録音

[2020-10-12]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調 BWV1048
シモン・ゴールドベルク指揮&ヴァイオリン:オランダ室内管弦楽団 1958年4月20日~22日録音

[2020-10-11]

バッハ:教会カンタータ 「神の時こそ いと良き時」 BWV106
ギュンター・ラミン指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 トーマス教会少年合唱団 (Recorders)Thekla Waldbauer, Johannes Wagner (Violas da gamba)Walter Schulz Karl Riedel (Harpsichord)Gernot Schwickert (S)Boys from Thomanerchor Leipzig (A)Boys from Thomanerchor Leipzig (T)Hans-Joachim Rotzsch (Bass)Johannes Oettel 1953年10月日録音

[2020-10-10]

マーラー:交響曲第2番 「復活」ハ短調
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北ドイツ放送交響楽&合唱団 (S)オダ・バルスボルク (A)ジークリンデ・ワーグナー 1956年11月12日録音

?>