クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



Home| 作曲家で選ぶ | Scarlatti

Scarlatti

<イタリア〜スペイン:1685年〜1757年>

概要


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イタリアのナポリ出身で、スペインのマドリードで没した作曲家。同年にJ.S.バッハ、ヘンデルのバロック時代の代表的作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。鍵盤楽器のための「ソナタ」と呼ばれる個性豊かな555曲の作品群で知られる。

作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親。

略歴


* 1685年10人兄弟の6番目の子としてナポリに生まれる。
* 1701年ナポリの協会付き作曲家兼オルガン奏者となる。
* あるときローマでヘンデルとチェンバロおよびオルガンの腕前を競いあったという逸話が伝わっている。
* 1720年または1721年にリスボンに行きマリア・マグダレーナ・バルバラ王女に音楽を教える。
* 1729年マリア・バルバラがスペイン王家に嫁いだため、マドリードへ行く。ドメニコは25年ほどスペインに滞在し、5人の子どもをもうけた。
* 1757年マドリードで没す。彼の子孫一族は今日でもスペインで生活している。

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-02-28]

チャイコフスキー:スラヴ行進曲 作品31
ウィリアム・スタインバーグ指揮 ピッツバーグ交響楽団 1958年3月11日録音

[2020-02-27]

ハイドン:交響曲第103番変ホ長調 Hob.I:12. 「太鼓連打」
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:ラムルー管弦楽団 1959年12月録音

[2020-02-26]

ベートーベン:アノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」 ハ長調 Op.53
(P)アルフレッド・ブレンデル 1962年6月~7月録音

[2020-02-25]

シューマン:ピアノ協奏曲 Op.54
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 (P)ヴィルヘルム・ギーゼキング ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1942年3月3日録音

[2020-02-24]

シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 (Cello)ティボール・デ・マヒュラ ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1942年10月28日録音

[2020-02-23]

シューマン:交響曲第1番 変ロ長調 「春」作品38
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年10月29日録音

[2020-02-22]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調 BWV1050
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(P)ヴィルヘルム・フルトヴェングラー (Fl)Josef Niedermayr (Vn)ヴィリー・ボスコフスキー 1950年8月31日録音

[2020-02-21]

バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番ニ長調 BWV101
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:1955年5月26日~27日録音

[2020-02-20]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第13番 ハ長調 k.415(387b)
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1966年5月15日~25日録音

[2020-02-19]

シューベルト:交響曲第7(8)番ロ短調 D.759「未完成」
ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1957年録音